見えないものを感じるような……

    | EDIT

    見えないものを皆さんにも感じてほしい。

    マジシャンとしての私の思いの一つはそういったものかもしれません。

    空中から鳩やトランプが現れる。
    そんな光り輝いた夢のような世界にも実は憧れています。

    ただ、なぜか私の夢にはぼやけた影のようなものが入り込んでいるのです。

    ホラー作家が得体のしれないものを文字で描き出すように、私も何かをこの身で描き出したいと思っています。


    子どもの頃、夕陽が大きくなった時刻になると、誰もいない場所の空気が濃くなって、どうしてもそこを意識し続けてしまうようなことがありました。

    また、別の日のやはり夕暮れ時、散歩をしながら、あの向こう側の一度も行ったことのない曲がり角の先には、きっと夢の様な世界があると、ふと思ってしまったこともありました。
    それはなぜか、ちょっと怖いのに安心できるような世界です。

    そんな現実に夢が入り込んでしまったようなことを想像しながら、その想像に怯えて、それでもゾクゾクしていたんです。
    きっと、ワクワクしていたんです。

    そんな子どもの頃の気持ちが消えないまま、ぼんやりとしたものがそのまま実体となってしまったマジックを、私は時に演じています。


    img20130702_231814.jpg

    とあるスカーフ。
    この中に……。

    関連記事

    Category: 日記

    COMMENT

    POST COMMENT


    TRACKBACK

    TRACKBACK URL

    ↑
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。