2月の反省、そして直感について

    | EDIT

    3月になりましたね。
    先月2月の反省をしてみます。

    昨日のタロットと直感の文章(こちら)の補足も合わせて書いていきます。
    もしよかったらご覧ください。

    昨日引いたタロットは昨年11月に引いたものと同じカードでした。
    (昨年11月のものはこちらです)

    両者とも似通った内容を持ちながらも、今回の文章は昨年11月に比べて、飛び込むことを強調したようなものになっていますね。

    率直に恐れや不安を、私はおそらく生きていて感じていると思います。

    その不安を身に背負っていても私は前に進みたい、それも率直な気持ちです。

    生きていて不安の原因になるのは、もちろん周りのざわめきに近い声によるものが大きいです。
    そして内から生じるざわめきも。

    もし自らが進むと決めたとしても、そして、もしそのまま過ごすことを選択してしまったとしても、不確定に対して不安は当然あると思うのです。
    もちろん、この不安はわくわくという形でもあらわれるのですが。

    不安を対処するのには、不安に向かうというのが、一番の方法なんだと私は考えます。

    不安から本当の意味で逃れるには真正面からぶつかるしかないのです。

    そしてそれは、人生を賭けるという言葉は大仰かもしれませんが、もしかしたら小さな選択であってもそういう意味は含まれているかもしれないのです。

    なぜなら、人は選択の結果を完全に見据えた上での行動はできないから。

    本当の意味でいきいきと生きるというのは、生きるという強さを続けることでしょう。

    何も考えず、惰性で、そのまま生きてしまうことは、本当の死とは違うものですが、ほとんど立場は変わらないとも思えます。

    不定や不安の中に、人生を賭けるつもりで常に飛び込み続けることができたら、いきいきと、いやそれ以上に生きることに溢れた進み方ができると私は考えています。


    2月は皆様にお会いできるイベントでの出演は1つでした。

    実は今、意識の上で多少充電しようと思ってそうなっているところもあります。

    でもその裏側では、不安定なものを見定めたいという思いもあるのです。

    しかし、やはりそう言いながら私は、恐れを持っているんだと思います。

    もっと自らを発揮するために、我を忘れるぐらいに自分らしくなりたいと、ほとんど渇望しています。

    想像よりも早く私は、皆様に接することができました。

    想像よりも遅く私は、皆様に核となるものを伝えることになっています。

    3月は核となるものをより明確に伝えていくことを始めようと思っています。

    またイベントに今月からいくつも参加していきます。

    色んな場所で私をご覧いただくことになると思います。

    場所に合わせた、それでも私の色を全面に出したパフォーマンスを皆様に提供できればと考えています。

    そしてパフォーマンスだけでなく、私の内にあるものを全力投球で皆様に提供できればと思っています。

    ブログも、以前やっていた本の紹介の記事やパフォーマンスについての記事をもう一度していくつもりです。

    是非、皆様、私と色んな形で接してください。

    今の私は皆様と接することで何かを得ていて、そしてそのことにより皆様に何かを提供することができています。

    関連記事

    Category: タロット

    COMMENT

    POST COMMENT


    TRACKBACK

    TRACKBACK URL

    ↑
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。