誰でもできるタロットとの日常的な付き合い方

    | EDIT

    タロットの話題が続いているのですが、あえて今回もタロットについて書くことにします。

    かなり濃い記事ですが、皆様に参考になるものにしてみます。


    今回はタロットと日常的に付き合う方法を紹介しようと思います。

    私流のものですが、王道でもあるはずです。
    ただ重要な点だけははっきりとさせたので、特にそこに注意してみてください。

    この方法は皆様がお持ちのタロットでできるものです。
    オラクルカードでもできます。

    (たとえネットで引けるタロットのようなものでも、やってみる価値は十分にあると思います)

    以下でその方法を記していきますね。
    最後の方に方法をまとめたものもありますので、まずはゆっくり読んでみてください。

    まずある期間を決めてからタロットを1枚を引きます。

    期間としては3日から1週間の間がいいかもしれません。

    例えば期間を1日にしてしまうと、なかなかカードを気にする時間が無いため、繰り返していくごとに1枚ごとの意味合いが少し薄まっていくように個人的には感じます。

    また1週間を越えると、一人で行なっていくには少しカードとの付き合いが楽しめなくなると思いますし、1枚のカードが日常に向ける影響がこれまた薄くなっていくように思います。

    この辺りについては皆様で色々と試してみてください。


    カードを引いたら、そのカードの意味と印象を書き留めます。
    (ちなみに逆位置をとるかどうかは皆様が合う方で構いません。最初に決めておいてください)

    この際にメモ用紙のような、後で持ち運べるものに書き留めるといいと思います。

    カードの意味に馴染みがない人は、解説書からキーワードや印象的な文を抜き書きしてもいいです。
    ただその場合でも、抜き書き以外に自分の印象も必ず加えて書きます。

    カードから自分を経由して生まれた印象を書き留めることが大事です。


    ここまでの作業は集中できる環境で行います。

    テレビや音楽が雑念となるような形で付けっぱなしにになっているのは止めた方がいいです。
    周りに人のいない環境で、ケイタイ等も鳴らないようにして、余計なものが目に入らないようにします。

    部屋を薄暗くするのもいいと思います。


    印象を書き留めたら、引いた1枚が日常的に目に触れられるようにします。

    例えば、ケイタイで撮って画像にして待受にするというのがやりやすいでしょう。
    (私の場合、スマートフォンで画像を貼り付けるということをしています)

    カードが日常の中で目に触れられるようにし、一瞬でもいいのでカードの意味や印象が思い出されるようにするわけです。

    少し時間が取れる場合は、しっかりと書き留めた印象を思い出します。
    この際に書き留めたものを持ち歩いて見直すというのもいいです。


    期間が終わったら、また集中できる環境でその期間全体を振り返ってそのカードの印象と比べます。

    最初にカードから受けた印象に対して、実際はどうだったかを反省するわけです。

    書き留めた印象と合わせて反省を書くようにします。

    この反省をすることがまた大事です。

    これを続けていく際に日記のようにしていくのいいかもしれませんね。


    この作業を繰り返して続けていくことで現実に影響が出てきます。
    それもタロットに引っ張られるだけではない影響です。


    まとめると、次のようになります。

    1. 期間を決めてカードを1枚引く
    2. そのカードについて自分が感じた印象を書き留める
    3. 引いたカードについて日常的に目に触れるようにする
    4. 目に触れた際、時間がある場合は書き留めた印象を思い出すようにする
    5. 期間が終わったら、期間全体を振り返って書き留めた印象と比べて反省を書く
    6. この作業を繰り返していく

    (1~2と5は集中できる環境で行うこと)


    この方法で大事なのは、印象や反省という形で自分を大きく含みこんで、それをはっきり決定してしまうというところです。

    最初にカードを引いた時点で、何もわからないうちから自分の印象を書いてはっきりと決めてしまうこと。

    そして最後に期間全体という現実を振り返ることで否が応にも実際に起きたこととの比較がされること。

    これらのことが現実により強く影響を与えるための核心となります。
    なのでこの点については、曖昧にしないでください。

    書きつけることが決定することになるんだというその一点だけは忘れないでください。

    (そういえば、比較がされるということについては、以前にこちらの願望実現についての記事で「今の自分と実現した自分との距離を想像力によって測る」という形でも述べていますね)


    結構長くなってしまいました。

    方法の背景にあるものについてもっと書きたいと思ったのですが、それはまた後日書くことにしますね。

    何よりこの方法を実際に試してほしいと思っています。

    (ちなみに、毎月の直感という形でこのブログで書いているものが、この方法に基づいているということにお気づきの方もいると思います)

    今回の方法について、試された方は是非コメントやメールなどで気軽に感想等いただけるととても嬉しいです。

    関連記事

    Category: タロット

    COMMENT

    POST COMMENT


    TRACKBACK

    TRACKBACK URL

    ↑
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。