真夜中の隙間のような時間

    | EDIT

    真夜中の始まり頃。

    音も静まり返ってくる時間になると、周りに耳を澄ませたくなります。

    目を閉じて、耳を澄ませるだけで、無音の中から何か聞こえるような感覚がしてきて……。

    周りの雑然としたものから離れて、意識が際立ってきます。

    そんな時間の隙間のような瞬間を見つけ出し、言葉にできないものを察知しようと努めたくなる時があるのです。


    ここ数日は本当に暑い夜が続いていて、頭まで熱が上がったままのような感じですね……。

    真夜中ぐらいは冷静な気持ちになりたいのですが、なかなか浮ついた気持ちが離れません。

    暑さには本当に弱いんです。


    今は色々な準備をしています。

    沢山の方にお会いできる機会を想像しながら、マジシャンの自分、「魔術師」の自分を研ぎ澄ませています。

    そしてこちらのブログも、もっとたくさんの側面を出していこうと模索中です。

    もうすぐここも一ヶ月。
    皆様には、舞台が始まる前の下りたままの幕ぐらいはお見せできたでしょうか。


    隙間のような時間に、耳を澄ませながら、ゆっくりと幕が上がる時に備えています。

    関連記事

    Category: 日記

    COMMENT

    POST COMMENT


    TRACKBACK

    TRACKBACK URL

    ↑
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。