一区切り(過去とこれから)

    | EDIT

    まず現在の話を少し。

    5月、6月と共にイベント出演が決まっております。
    詳細はブログでもまた告知しますね。
    (記事の下の方で少し触れています)

    またマジックバー 手品師にも毎週木金を基本としてレギュラー出演しております。

    こちらの出演歴にもあるとおり、「彩」として皆様に向けたイベントに出演したのは2年前の5月に京都が最初でした。
    ですので、「彩」はおよそ2年経ったわけです。

    実はその前年にカフェでのレギュラー出演時に「彩」を名乗るようになっていたので、実質的には今年が3年目なんです。

    自覚はあまりないのですが、出演歴を見ると駆け抜けてきたな、と思わされます(笑)

    今回は過去を少し振り返りつつ、これからのこと、そしてその先についての現在の心境を書いていきます。
    (もし私の活動に興味がある方は、最後の心境部分だけでもお読みください)

    マジシャンとしては通常の営業のフィールドを少し外れたところに飛び出すこと、最初はドキドキとしていましたし、ワクワクもしていました。
    いや、今も、出演のたびにドキドキとワクワクさせられています。
    (普段、そういう風になっているように思われていないのですが、実はなっています……)


    3年前に自分ができることを携えて飛び込み、そこで「彩」は生まれ、一つの形を持ちました。
    その形を周りの人は、「普通のマジックとは違う」とか「なんか怖い」といった言葉で形容してくださりました。

    2年前にフィールドから外れ、今縁のある皆様とで会うきっかけとなりました。
    フィールドを外れながらも、私の中では「マジックってこういうものなんだ、もっと身近に間近になってほしい」という気持ちがあり、その先には様々な分野の方との化学反応を望んでいたところがありました。

    1年前、マジックバーでのレギュラー出演を始めたことが、フィールドから外れていた私にマジシャンとしての重心を改めて与えてくれました。
    2つの重心を持つことで私の形はよりはっきりとしてきたような気がします。

    今年。
    先日行った「無貌祭祀」が今年、皆様に向けたイベントとしては初めてになりました。
    私のマジックショーを中心としながら、クトゥルフ神話というテーマがあり、また様々なジャンルを絡めた総合的なイベントでした。
    「無貌祭祀」というイベントを行った感覚の残り香は今も私に影響を与えていると思います。この結果をまた今後皆様に表現としてあらわしていきたいですね。

    来月には「cafe de chouchou Featuring箱庭」というイベントに出演。
    様々なジャンルの方の出演する中で私らしいマジックショーを提供する予定です。
    また色々な方々にお会いできるのがとても楽しみです。そういった色々な方に私のマジックを知ってもらえることが嬉しくて楽しみでたまらないです。

    再来月には「奇術の国のアリス」という演劇に出演。
    演劇の中にマジックを盛り込んだ楽しいイベントを現在作っています。
    集団で何かを作り上げるその感じを身をもって体験しているのですが、マジックにはやはり可能性があるなと思わされています。演劇とマジック、もっと何かできますよ。


    さて、この先の心境についてです。

    現在私としては、6月のイベント出演を区切りとして、皆様にお会いできるイベントへの出演はお休みしようと思っています。
    とはいっても、現在お話をいただいているイベントも実はありますので、今年の秋頃にはまたお会いできるはずです。

    何より、マジックバー 手品師にはこれからもレギュラー出演致しますので、私のショーをご覧いただくこと自体はできます。
    マジシャンとして営業もこれまでどおり続けていきます。

    ただ皆様にお会いできるイベント、つまりこれまでのようなイベントへの出演は一旦セーブする形になるかと思います。
    きっと数ヶ月のことだとは思うのですが……。実際には未定です。

    上でも書いたとおり、私は自分ができることを携えたまま3年間過ごしてきた気がします。
    その中の成長ははっきりとあって、むしろこの3年が最もパフォーマンスを成長させた時期であることには間違いないです。

    ただ、「彩」をもっと私の意に沿ったものにしていきたいのです。

    マジシャンとして、そして「彩」という名であらわれているパフォーマーとして、もっとすごくなりたいんです。

    私が私を省みるかぎり、パフォーマーとしてここから先がはっきりとある、なのにこの流れではそこに到達できないような気がしています。

    もともと内省的な人間なのですが、ここで一旦、色々と深く内省させてください。

    そして、もしかしたら内省しながら、その期間中、色々と変なことを始めるかもしれません(笑)
    はっきりとしたショーの提供よりも、実験と言ってもいいような形の何かを、始めるかもしれません。

    ですから、一旦のお休みは一旦のお別れではないのです。
    むしろ皆様に会いに行く機会も増えるかもしれません。

    そういう意味では、人によってはあまり私が変わったように見えないかもしれませんね(汗)
    でも、結果を出したいという意味では、この期間中に変わりつつある私を見ていただけるかもしれませんね。

    何しろ、遊びがないと本気のものも輝かない気がするんですよね。


    ああ、すごくなりたい。
    私が見えている色を、早く皆様にお見せしたい。

    そんな気持ちがあまりにも強くて、内側が渦巻いています。

    3年前に「彩」を見つけた時のように、今回も見つけますよ。

    関連記事

    Category: 日記

    COMMENT

    POST COMMENT


    TRACKBACK

    TRACKBACK URL

    ↑
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。